土地売却:田舎の土地は売れにくいと感じたら

田舎の土地は価格が下がっている?

2020年は東京オリンピックが開かれます。その影響で現在は不動産バルブです。

ですが、日本全国が不動産バブルという訳ではありません。不動産バブルなのは関東圏と各地方都市と言われており、逆に田舎では不動産価格が下がっていると言われています。

そう考えると、田舎の土地をお持ちの方で、この先ずっと所持していくつもりがない方は早めに売却をした方が良いのかもしれません。

田舎の土地は難しい?

例えば、土地を相続した人の悩みとして「整地されていない土地を想像して困っている」「数カ所に点在した土地で困っている」「土地境界線が曖昧で困っている」という方が多いようです。

このような土地だと売りに出しても「売り手が本当に見つかるものか」とか「売るにしても手間がかかりそうで面倒だ」と思ってしまうものです。

不動産販売業社の選び方

こういう場合は地元の不動産販売業社に頼んでみようと考えがちですが、それは一昔前の考え方です。

なぜならば、一つの不動産販売業社に土地の売却を依頼した場合には、土地を相場よりも安く手放す結果になる事が多いからです。

なぜならば、地元の不動産販売会社が必ずしも土地の販売能力が高いとは言えないからです。

もし、土地の売却を依頼した不動産販売業社に土地の販売力がない場合には、どうなるのでしょうか。それは土地を値下げして売り出すしかありません。

田舎の土地をお持ちの方は、昔からの先祖からの大切な土地を相続したという方がお多いと思います。そんな大切な土地であるなら、できるだけ高く売って、そのお金を家族や大切な人の為に使いたいと思うのが当然でしょう。

そう考えると、簡単に地元の不動産販売業社に土地の売却を依頼するというのは考えものです。

このホームページのトップページでは「土地を高値で売却する為に重要な事」を詳しくご紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。


PAGE TOP