土地売却時の境界確認と境界確定の重要性

土地売却の為の境界確認とは

土地を売却する為には、どこからどかまでが自分の土地であるのかをハッキリとさせておく事が重要です。その為に必要なのが土地の境界線確認です。

土地を売却する為には、自分自身が所持する土地に隣接する土地所有者との間で「土地の境界確認」が必要となります。

土地売却時の為の境界確定とは

境界確認の作業によって、隣接する土地所有者との間で「境界線の確定」をする事になります。

また土地の境界線を確定する為には、隣の土地所有者との間で「境界協定書」を作成し調印する必要があります。

境界確定の重要性

土地売却をお考えの土地のオーナーの方は「境界線確定なんて面倒そう」とお思いになるかもしれません。ですが、土地を問題なく売却しようと考えた場合には「土地の境界確定」は必要な手続きです。

確定測量とは

土地の境界確認の為に必要な、土地の測量の事を言います。土地の確定測量は調査士が行いますが、そこには測量する土地の所有者と隣の土地の所有者が立ち会う事になります。

土地の境界問題で殺人事件も

土地の境界に関するトラブルは昔から後を経ちません。またこの土地境界のトラブルで何十年も争っているという人も多く存在します。

また、隣人とのトラブルぐらいなら良いのですが、この土地の境界の問題で殺人事件まで実際に起きています。確かに土地の境界は財産に大きく影響する問題なので、大変重要な問題ですが、殺人まで起きてしますのは大変残念な事です。

このような大きなトラブルに発展する前に、トラブルの元になる土地の境界はよく話し合って解決する事が重要そうです。


PAGE TOP