土地売却のトラブルやトラブル防止の方法

土地売却のトラブル例

◎土地の瑕疵問題

土地の売却のトラブルで一番多いのが土地の瑕疵問題かもしれません。瑕疵問題とは隠れた欠点や過失がある事を言います。

例えば買い手側から見た場合、土地を購入したけれど、購入した土地に廃棄物が埋まっていたり、土壌が汚染されていたりという問題が後から分かった時などが、この「瑕疵問題」に辺ります。

本来土地を売る側は、このような問題が後から起きないように土地を売却する際に、隠された問題を土地の購入者に説明しておかなければならない責任があるとされています。

つまり、土地を売った後でこのような瑕疵問題が発生した場合には、土地の売り手が保証や損害賠償をする必要が出てきてしまうのです。

土地を売る側は「これぐらいは良いだろう」と思って安易に、するべき説明をしていないと、このような問題に発展する恐れがあるので、土地を売る際には、その土地が抱えている瑕疵問題の詳細をまとめて資料化しておく事が重要です。

◎土地境界の問題

土地の境界線の問題も広い意味では瑕疵問題に類するトラブルになるかもしれません。宅地の場合でも、昔からそこの土地に住んでいる場合、土地の境界線が曖昧なまま現在に至っている場合も珍しくありません。

そして土地を売る際に、隣家の人と境界線の事でもめたくない気持が働いて境界線をハッキリさせないまま売却してしまうというケースも稀ですがあるようです。

土地の境界線については、売却した後で問題が発覚してしまうと、トラブルに関係する人の数が増えてしまうので、返って問題が大きくなったり、お金が掛かったりするものです。

このようなトラブルが起こるのを未然に防ぐ為にも、土地の境界線については、専門の業社や不動産仲介業社へ依頼して、ハッキリと境界を確定しておきましょう。

土地売却のトラブルを防ぐ方法

◎不動産会社選びで妥協しない

土地の売却でトラブルを招かない為には、不動産会社選びが重要です。優秀な不動産会社ならば、瑕疵問題や境界線に関する問題も事前に指摘してくれたり、問題解決のアドバイスを適切なタイミングでしてくれる場合がほとんどです。

そのような不動産会社を探す為には、複数の不動産会社に土地の査定を依頼して、その中から土地の売却を依頼する不動産会社を選ぶと良いでしょう。

また不動産会社を選ぶ際には、顧客対応や土地の査定金額の根拠をしっかりと説明できる不動産会社を選ぶ事が重要になってきます。

◎不動産会社とのコミュニケーションを重視する

信頼できる不動産会社に土地の売却を依頼したとしても、その不動産会社とのコミュニケーションがしっかりととれていなければ、土地売却時のトラブルを防ぐ事はできません。

土地の売却は不動産会社に全てを丸投げするのではなく、不動産会社と綿密にコミュニケーションをとって不動産会社の担当の人を、土地を売る為のプロジェクトパートナーだと思って協力をする事が重要です。


PAGE TOP