住宅売却|一般媒介契約と専属専任媒介契約はどちらが良い?

住宅の売却時に必要な不動産仲介業社との契約について、どの契約方法を選ぶか迷うという方は結構いるようです。

このページでは不動産仲介業社は「1社と複数」どちらの契約方法がお得なのかという点に絞ってご紹介していきます。

一般媒介契約とは

一般媒介契約は複数の不動産仲介業社と、契約ができるという契約方法です。この方法により複数の業社をとうしてより多くの住宅の買い手を見つける可能性が高くなります。

専属専任媒介契約とは

不動産仲介業者1社とだけ契約をする方法です。一般的には3ヶ月以内の期間で業社を契約を結び、その期間内に住宅を販売し売買契約をを完了する流になります。

専任媒介契約とは

契約内容としては、先ほどの「専属専任媒介契約」に似ている契約方法です。「専属専任媒介契約」との違いは自分が見つけてきた買い主と不動産売買契約をする事ができる事です。

結論

不動産仲介業社との媒介契約は3種類ありますが、どれにもメリットとデメリットがあります。重要なのは、契約内容を理解した上で最適な契約を選ぶ事です。

契約のヒントとしては、との契約方法を選ぶ場合でも複数の不動産仲介業社に査定を依頼する事が重要です。どの不動産仲介業社が良いかという判断は複数の業社のサービスと査定結果を比較しなければ判断する事はできません。

例えば住宅の査定を1社に査定を依頼した場合には、その業社の査定額が妥当であるのか、どういう特長の不動産仲介業社なのかを判断する事ができません。

それぞれの不動産仲介業社がどういう業社であるのかをよく知る事で、その後に「一般媒介契約と専属専任媒介契約(もしくは専任媒介契約)」のどの契約にするかを判断する事が初めて可能になります。

もっと言うと本当に信頼できる不動産仲介業社が見つかれば「専属専任媒介契約」で契約をしたいと思うでしょうし。どの業作にしようか迷いがある場合には「一般媒介契約」の方が良いかなと思うものです。


PAGE TOP