住宅売却時の契約方法はどのような契約がある?

不動産仲介業社との契約方法

一般的には住宅を売却する場合には不動産仲介業社を通して住宅を販売する事がほとんどです。その時に不動産仲介業社と結ぶ契約方法が「媒介契約」というものです。

これは読ん字の如く、住宅を販売する為に住宅を買いたいという人との間にたって色々な事を住宅オーナーの変わりにしてくれる事を言います。この媒介契約には3種類の契約方法があるので何となくでもその内容は知っておいた方が良いでしょう。

◎一般媒介契約

複数の不動産仲介業社と媒介契約をする方法です。実はこの方法は不動産仲介業社はあまり喜ばない契約方法です。それもそのはずで、不動産仲介業社が頑張ってお客さんを探してきても、それが実際の契約に結びつかない可能性が高くなるからです。

そのため多くの不動産仲介業社が、他の2種類の契約方法を提案してくる事でしょう。

◎専任媒介契約

この契約方法は不動産仲介業社1社とのみ契約をする方法となります。不動産仲介業社側からしても、不動産売買契約が成立する可能性が高いので、この契約方法を希望する事が多いのが現実です。

この契約方法ですと、不動産仲介業社との関係が密になる傾向にありますので、お互いに良い関係が築く事ができたなら、良い契約方法と呼べるかもしれません。

逆に「この不動産会社は大丈夫」と思ってしまうような関係でしたら、逆に面倒な契約方法と呼べるかもしれません。

◎専属専任媒介契約

「専属専任媒介契約」は長ったらしい契約名称ですが、ほとんどは先ほどご紹介した専任媒介契約と同じ内容となっています。違う点と言えば、住宅のオーナーが自ら住宅の買い主を見つけてくる事ができる事です。ですが不動産売買契約については不動産仲介業社を通さなかればならない決まりがありますので、気をつけましょう。

住宅の購入者との契約方法

◎不動産売買契約

住宅の売り主と買い主が結ぶ契約を「不動産売買契約」と呼びます。この契約についても不動産仲介業社が手続きの進行をしてくれますので、あまり知識がなかったとしても契約について問題はないでしょう。

しかしながら住宅の売買は自分自身の事柄なので、最低限の不動産売買契約の知識は持っておいて方が良いかもしれません。


PAGE TOP