住宅売却:見積もりはどこまで信用できる?

見積もり額はどこまで信用できる

見積もり額については、実際には見積もりを出す不動産仲介業社によって違うので、なんとも言えません。もちろん信用ができる業社の出した見積もりは信用する事ができます。

ですがそうでない不動産仲介業社の場合には、住宅売却の見積もり額が低すぎたり、高すぎたりする事がありますので、その点は十分気をつける必要があります。

見積もりが相場より低い場合

例えば、中古住宅の見積もり額が相場よりも低すぎる場合には、業社が実際に販売して絶対に売れるであろう金額を出してきている可能性があります。

販売金額が安ければ不動産仲介業社も住宅を売るのが非常に簡単になります。その事を見越して住宅の見積もり額を低く見積もってくる不動産仲介業社もいますので、見積もりを依頼する側も十分な注意が必要となります。

見積もりが相場より極端に高い場合

住宅の見積もりがくが相場よりも極端に高い場合は、不動産仲介契約(媒介契約)が欲しい為に行った作為的な見積もりの可能性があります。

つまり住宅の持ち主は査定額が高ければ、実際に住宅が高く売れると喜んでしまう訳です。場合によってはそのままその不動産仲介業社と契約を結ぶ場合もあるでしょう。

ですが実際に住宅を販売すると販売価格が相場よりも高い為に売れる事はありません。するとその業社は住宅の売り主に対して値下げして売る事を進めてきます。例えば「長い期間住宅を売りに出しておくと、段々家が売れにくくなってしまいます。ここは勇気を出して値下げをして販売をしましょう。」と。

住宅が売れないのは、相場より極端に高い価格で販売していた為、つまり不動産仲介業者の責任なのですが、そんな事は業社はおくびにも出しません。

この場合結果的に相場よりも低い価格で家を売却する結果になる事が非常に多くなってしまいます。

複数業社の見積もりを見比べよう

このような見積もり額の間違いを見つける為にも、住宅の見積もりは複数の不動産仲介業社へ依頼する事が重要です。

複数の見積もりを見比べる事によって「相場よりも低い見積もり額であるのか」「相場よりも極端に高い見積もり額であるのか」を見極める事が出来るようになります。

信頼できる不動産業社の探し方についてはトップページでもご紹介していますので、参考にしてみて下さい。


PAGE TOP