住宅の売却:査定額は高い方が良いというのは間違いかもしれない

査定額が高いのか安いのかの判断の仕方

不動産仲介業社へ住宅の査定を依頼すると、その査定結果が高いのか安いのか分からないという方がほとんどだと思います。

それを判断する1つの方法として、実際に売りに出されている近所の住宅物件の値段を調べる方法があります。またもう1つの方法として、付きの項目でもご紹介している複数の不動産仲介業社へ査定を依頼する方法もあります。

複数の不動産会社へ査定を依頼してどうして高い安いが分かるのかというと、こういう事です。複数の不動産仲介業社から出てきた査定結果の金額を比較するのです。

そうする事で自分も持つ住宅がおおよそどれぐらいの価値があるのか、不動産仲介業社がどれぐらいの価値があると考えているのかをザックリとですが知る事ができるのです。

査定額を高い不動産仲介業社を探すには

純粋に査定額の高い業社を探そうと考えるなら、複数の業社へ住宅の査定を依頼するのが良いでしょう。なぜならば査定額というのは不動産業社によって全く違う場合だってあるからです。

例えば、複数の不動産仲介業社へ住宅の査定を依頼した場合には一番安い査定額と、一番高い査定額とではその金額の差が何百万円も違う場合も全然珍しくありません。

査定額は高ければ良いのか

住宅の売却を考える人の多くの人が持つ疑問の1つに「査定額は高ければ良いのか?」という事があります。これは実際「良い」とも言えますし「悪い」とも言えます。

査定額と販売額が違うの注意が必要

「査定額が高ければ良いわではない」という理由の1つには住宅の査定金額と販売金額の違いがあります。理想としては実際の査定額で住宅が売れれば何の問題もありません。

ですが実際にその査定額で住宅が売れるのかどうかは住宅を売ってみなければ分からないというのが現実です。


PAGE TOP