土地売却:契約書の種類と内容について

初めて土地を売却する際には、右も左も分からないという場合がほとんどです。このページではそんな人の為に
土地を売却する際に必要な契約書の種類についてご紹介しています。

不動産売買契約書

「不動産売買契約書」とは土地を売却する際に「土地の買い主」と「土地の売り主」が交わす売買契約書です。基本的には、土地の売り主と買い主の氏名や土地を売買する際の金額が記載される事となります。

媒介契約書

「媒介契約書」は不動産仲介業社との契約の際に必要な契約書類です。

土地を売却する際には、土地の持ち主は自分自身で土地の販売すると非常に難しい事が多くなってきます。そこで土地の持ち主の変わりに不動産仲介業社に土地の販売を依頼する事になります。

具体的には不動産仲介業社は、土地の販売の宣伝をし土地の買い主を探して「土地の売り主」と「土地の買い主」とで不動産売買契約をさせるという事が仕事となります。

この「土地の販売」と「土地の売買契約」の仕事をしてもらうという事を契約する為の書類が「媒介契約書」となります。

契約関係は不動産仲介業社に任せると安心

ごく稀に、手持ちの不動産物件を売る際に、自分で買い主を探してきて、自分で不動産売買契約をしようという方がいるようです。

確かに、不動産売買の知識があれば、自分で土地の売買から契約までしてしまう事は可能です。ですが、不動産売買契約は特殊な知識が必要な箇所がいくつもあります。

不動産売買契約をする際に書類の不備があると、後々面倒ですし、土地の売却後に土地の買い主とトラブルになった場合にも全て自分が窓口になって処理もしなければならない事になります。

そういった場合のリスクを考えると、不動産の販売と売買契約は不動産仲介業社に任せると安心です。


PAGE TOP