土地売却のコツとは?素人でも分かる土地の売却方法!

土地の相場を知る

土地を売却する際に重要となるのは土地の相場を知る事です。その土地の相場を知らなければ土地の値段を付けることさえできません。

土地の相場を知る方法で一番簡単な方法は不動産仲介業社へ査定を依頼する事です。この査定ですが複数の業社へ依頼する事が大切です。

なぜならば複数の不動産仲介業社へ依頼しないと、土地の査定額の比較ができないからです。この査定額を比較することで大まかな土地の相場を知る事ができます。

土地を売却するまでの期間を設定する

土地を売却する際に決めておきたいのが土地を売却するまでの期間の設定です。この売却期間を設定しないとズルズルといつまでも土地が売れ残る原因になってしまいます。

短期間での売却の場合は「買取り」という選択も

短期間で土地を売却したいと考えている場合には、不動産仲介業社への買取りという方法も選択肢に入れておいた方が良いでしょう。

ちなみに買取りとは不動産仲介業社へ直接土地を買い取ってもらう事です。買取りになると土地をすぐに現金化する事ができるので、短期間で土地を処分したい方にはお勧めです。

ですが買取りの場合は、不動産仲介業社での仲介販売に比べて土地の売却額がかなり低くなってしまいます。具体的には仲介販売に比べて5割~6割の値段になると考えておいた方が良いでしょう。

土地の価格の動向を考察する

国勢調査によると2016年に初めて日本の人口が減少している事が分かりました。人口が減っていくという事はイコール土地が徐々に余っていく事でもあります。

これは、土地の需要よりも供給の方が多くなり土地の値段が段々下がって行く事を示しています。このような現実を直視すると土地を長期間保有する事は得策ではないかもしれません。

得に田舎の土地は、都市部に比べて加速度的に需要が低下するので、田舎の土地程価値の低下が予想されます。都市部の土地に関しては大丈夫でしょうが、田舎の土地については土地の売却を含めて運用の仕方をよく考える必要があるでしょう。


PAGE TOP