土地売却:「更地」と「家付きの土地」どちら良い?

「更地」にするべきかは家の資産価値による

例えば一戸建ての不動産物件を持っている際に「一戸建ての家がだいぶ古くなってきたので修繕をするかそれとも不動産として売却するか」という選択視を考える方は多いと思います。

また不動産を売却するとなると「更地と家が付きの土地」どちらが高く売れるかという点です。

ですがこの点については、ケースバイケースという場合がほとんどです。家がボロボロで誰も住みたいとは思わないという場合んは家の資産価値が限りなくゼロに近いでしょうから、更地にした方が高く売れるでしょう。

逆に家が綺麗な状態で軽い修繕ほどで、人が住みたいというような一戸建てであるならば、家付きで売った方が土地が高く売れるはずです。

ですが、仮に家の状態が良かったとしても、田舎に立地した家ならば買い手が見つからない場合も考えられます。

そう考えると、不動産仲介業者に査定依頼してもらうという選択が良いかもしれません。例えば複数の不動産仲介業社に査定を依頼すると、大体の売却価格が分かります。

また「家付き」と「更地」の両方で査定してもらうと、どちらが高く売却できるかを知る事が可能になります。

古い家は更地にした方が良い

古い家は更地にした方が高く売れると言いましたが、最近ではリフォームで古い家が見違えるように綺麗になる場合も考えられます。

土地の立地によっては、そのような需要があるお客さんを探す事ができるかもしれませんので、家を壊す前に「更地」と「家付きの土地」どちらが資産価値が高いか(高く売却する事ができるのか)を把握するようにして下さい。

税金の面も考えて選ぶ事が重要

また「更地」と「家付きの土地」とでは固定資産税が違ってきます。もし不動産物件を売りにだして買い手が付かない場合にはずっと固定資産税を払いつづけなければなりません。

そうした、売りに出した際に売れ残った時の固定資産税の事も考えて、実際に更地にするかを判断するようにしましょう。


PAGE TOP