住宅の売却|「仲介による販売」と「買取」とではどちらが良い?

仲介による住宅の「販売」とは

通常住宅を売却する場合には、不動産仲介業社へ住宅の販売を依頼する事になる事になると思います。ごく稀に知り合いに住宅を売却する場合があると思いますが、この場合でも不動産仲介業社を間に置く事でスムーズな住宅の売却が可能になります。

仲介による住宅の販売というのは、住宅の売り主と買い主の間に不動産仲介業社を介す事によって、住宅を販売するシステムの事を言います。住宅の販売には売りに出す住宅物件を宣伝する必要が出てきますが、このお金と手間がかかる部分を不動産仲介業社がしてくれるという事になります。

また不動産の売買には不動産売買契約という、住宅の売り主と買い主の間の契約が発生しますが、この契約についても不動産仲介業社に依頼する事で滞りなく契約を進行してもらえるという利点があります。

ですが、仲介による住宅の販売の一番の利点と言えば、住宅の販売方法によっては住宅を高く売る事も可能だという事があると思います。ですが住宅にも相場というものがありますので、相場よりも高く売ろうと思うのでしたら、不動産仲介業社の販売力とノウハウが必要となる事は間違いありません。

その為、住宅の販売を依頼する時には、信頼できる不動産仲介業社選びが重要となってくるのです。ちなみに賢い不動産仲介業社の選び方については、トップページにてご紹介しておりますので、是非参考にしてみて下さい。

不動産会社に「買取り」してもらう

不動産会社(正確には不動産仲介業社)に住宅を買い取ってもらうという事も可能ですが、この場合は市場価格よりも安い価格で住宅を手放す事になってしまいますので、その点は考慮に入れて住宅を買い取ってもらう事が重要です。

買取りの特長ですが、一番の利点しては住宅の売却のスピードが非常に早いという点が挙げられます。通常の住宅の販売では、販売の準備から売却完了まで3ヶ月~長い場合には数年にも及んでしまう事があります。

ですが買取りの場合は買取り価格に納得できるのあれば1ヶ月~3ヶ月程度で住宅を売却する事が可能になります。

このようなお話を聞くと「住宅の買取りが良いよね」と思いがちですが、当然の事ながら買取りにもデメリットが存在します。それは市場価格よりも安い価格で買い取ってもらうという点です。具体的には市場価格の6割~7割程度の値段での売却となってしまいます。

つまり住宅の買取りは今すぐにでも住宅を売却して、不動産資産を現金化したいといいう方には非常に向いている方法だと言えるでしょう。


PAGE TOP