住宅売却時の仲介手数料【知っておきたい基礎知識】

仲介手数料とは一体何?

住宅売却時の仲介手数料とは、不動産仲介業社に住宅販売を依頼した際の仲介手数料の事を言います。

では実際に不動産仲介業社は何をしてくれるのでしょうか?それは主に下記のようなお仕事をしてくれる事になっています。

・住宅の査定
・住宅を販売する為の準備
・住宅を高く売る為のアドバイス
・住宅の販売活動
・住宅の内覧会の開催・アドバイス
・不動産売買契約の手続き など

つまり住宅を売却する際に必要な事は、ほぼ全て行って貰えるので、住宅の売り手からすると本当に頼れる専門家であると言えます。

知っておきたい「両手仲介」という仕組み

ですが、頼れる専門家とは言っても無条件に全てを信用してはいけません。なぜならば、不動産仲介業社の中には悪質な業社も一定数存在しているからです。

例えば、不動産業界には「両手仲介」という言葉がある事をご存知でしょうか?これは、住宅を売買した際に「売り手」と「買い手」の両方から仲介手数料を受け取る事をいいます。

この「両手仲介」については別に悪い事ではありません。ですがこの両手仲介を悪用して顧客の不利益につながる行為をする業社がいるので注意が必要です。

具体的には「住宅の購入希望者が他社の紹介で見つかったとしても、その情報を売り手に教えない」という行為がこれに当たります。なぜこのような行為をするかというと他社の紹介で買い手が決まった場合には「両手仲介」による手数料の両取りができなくなる為です。

つまり、住宅を販売しても買い手が全く見つからない場合などには、このような事情が関係している可能性があるという事ですので、十分に注意して下さい。

仲介手数料を値引きすると損をする?

最後に仲介手数料の値引きのお話をご紹介します。不動産の仲介手数料は実は値引きする事が可能です。これは仲介手数料の金額については業社自身が決められる為です。

ですが、不動産仲介業社の仲介手数料は値引きしない方が良いと言われています。なぜならば、この仲介手数料の中には住宅の販売活動をする上で重要な広告宣伝費が含まれているからです。

つまり、仲介手数料を値引きすると住宅販売で最も重要な要素の1つである「広告宣伝費」が削られてしまう可能性があるからです。

広告宣伝費が十分でないと、自身の住宅の売却にも大きな影響が出る可能性がありますので、仲介手数料の値引きには注意が必要です。


PAGE TOP