個人再生時するべきか、苦しい時の住宅売却方法

個人再生とは

個人再生とは自己破産の軽い版と考える事ができる制度です。個人再生をすると現在の借金が5分の1程に減額される事になります。ですが個人再生にも自己破産と同じでそれなりのメリット、デメリットがありますのでその点を吟味した上で個人再生を選ぶのか、そうでないのかを選ぶ必要があります。

個人再生をするメリット・デメリット

個人再生のメリットとしては「借金が5分の1になる」手続き方法などによっては「住宅や車を手放さなくても良い場合がある」などがあります。

逆にデメリットとしては、自己破産と同じくブラックリストに記載されるので「10年間借金ができなくなる」や「返済をする収入が審査基準となる」などがあります。

住宅を高く売る方法

個人再生をすると、今までののように借金やローンを組む事ができなくなります。これは思った以上に生活の負担になる場合もある事でしょう。

そう考えると簡単に「個人再生をします」とは言えないものです。もし今現在「家のローン」がかなり残っている場合には家を売却して借金を返済するという選択も考慮に入れた方が良いかもしれません。

また、その場合には「家が思ったよりも高く売れた」という可能性も無いわけではないので、一度不動産仲介業社へ住宅の査定を依頼する事をお勧めします。

また不動産仲介業社へ査定を依頼する場合でも、複数の業社へ査定を依頼する事で住宅がより高く売れる可能性が高くなる事をご存知でしょうか?

不動産仲介会社の査定額は各会社によってひらきがあります。例えばA社の査定額が2000万円、B社が2100万円、C社が2300万円というような事例も多数存在します。

つまり業社によって査定額が300万円以上違ってくるという事もあるので、家を売却する際には不動産仲介業社選びは、できるだけ慎重になった方が良いという事になります。


PAGE TOP