住宅売却【居住中でも売却できるのか?】

居住中の住宅を売却する場合

住宅を売却する場合、居住中でも何ら問題はありません。逆に居住中の方が家のメンテナンスが行き届きますし、家の雰囲気も明るくなるので、売れやすくなります。

ですが、住宅を一旦売り出した場合には、販売優先の生活に移行する事が重要です。具体的には住宅の内覧見学に備えて「見てもらう家」にしていく事が重要になります。

その為には部屋の中の物を減らしていく事が重要です。住宅を売却する為の家の理想としては、住宅展示場のような部屋のようなイメージです。

住宅展示場をイメージしてもれば分かりますが、無駄なものは一切置いていません。ですが素敵なインテリア家具が配置されていて、素敵な空間が演出されています。

このような住宅展示場と同じような部屋になる事を心がけましょう。具体的には部屋を広く見せる為に物を減らす。家具はインテリアとしての役割だと考えて部屋を常に整理整頓、掃除をまめにするという事が重要です。

居住中と空き家はどちらが売れやすい?

結論から言うと居住中の方が売れやすいと言えます。なぜならば、空き家になると家の痛みが早くなる為です。

家が痛む一番の原因は湿気です。人が済まなくなった家は空気の入れ替えが頻繁にできなくなる為に湿気が溜まりやすくなります。すると畳やフローリングが人が住んでいる場合よりも早く傷んでしまうのです。

また一戸建ての場合には、空き家になると庭に雑草が生える問題も発生します。「雑草が生えるぐらい問題はないだろう」と考える方も多いかもしれませんが、雑草が生えた状態の空き家を想像してみて下さい。

かなり不気味な家に見えてしまうものです。そうなると、その空き家はますます売れにくくなってしまいます。

売却後の引き渡し日について

居住中の場合には、売買契約後の引き渡し日には住居を立ち退かなければいけません。その為居住中での住宅の売却は引越し先探しや引越し等で忙しくなる場合が多いようです。


PAGE TOP