住宅の売却、ローン中の場合でも家を売る事ができる?

住宅の売却はローン中でもできる?

◎住宅売却して住宅ローンを一括返済できれば可能

住宅の売却を考える時に気になる事の1つに残りの住宅ローン返済の事があると思います。実際に住宅ローンが残っていても住宅ば売却できるのかが気になる所ですが、住宅を売却して住宅ローンを全額返済できるのであれば問題なく住宅の売却をする事は可能です。

◎住宅を売却してもローンが残ってしまう場合

そうなると、住宅を売却しても、残りの住宅ローンが残ってしまう場合には住宅の売却はできないのでしょうか?実はそういう訳ではありません。

実は「買い替えローン」を利用する事により、売却後に住宅ローンが残った場合でも家を売却する事が可能になります。

具体的には家を売却して残った住宅ローンを買い替えローンを利用して返済し、違う住宅物件を購入するという事になります。

今現在は過去に類がない程の低金利の時代です。つまりこの時期にローンを組む事でローンの返済が楽になる場合が多い事でしょう。つまり買い替えローンを活用するなら金利の低い今がタイミング的にちょうど良いという事になります。

住宅を売却したいとお考えの方でローンが残っているからと足踏みをしているような方は「買い替えローン」を活用するのも1つの方法であると思いますよ。

住宅を貸すという選択も

ローンが残っているから住宅の売却はやまておこうという方には、その住宅を貸してしまうという方法も使えるかもしれません。ですがここで問題になるのが住宅ローンの制度的な成約がある事です。

実は住宅ローンは、その家に居住しているという前提でのローンとなっています。つまり住宅を賃貸物件にした場合にはローンを一括返済しなければならないという建前になっています。

ですが実際には、銀行に内緒で住宅を賃貸物件にしたりする人は多いようです。ですがこの方法は銀行にバレた時にローンの一括返済を求められるリスクがつきまといます。

ところが実の所は銀行に「ローンを払いながら、住宅を賃貸物件にしたい」という内容を事前相談をする事でローンの継続が認められる場合も多いようです。


PAGE TOP