住宅売却の4つのコツ

【1】一戸建ての相場を知る

住宅の売却で重要なのが家の相場を知る事です。家の相場を知る事によって初めて具体的な住宅販売の値段設定や販売戦略を練る事ができるようになります。

もちろん住宅の販売戦略については、素人がどうのこうのできる訳ではありません。その点については住宅販売のプロである不動産仲介業社に相談しながら進めて行く事になるでしょう。

【2】信頼できる不動産仲介業社を選ぶ

住宅を高値で売る為には信頼できる不動産仲介業社へ家の販売を依頼する事が重要です。

例えばある不動産仲介業社へ販売を依頼していて何ヶ月も売れなかった住宅物件が、業社を変更した事によって希望額よりも高く、しかも早く売れたという事例は良く聞く話です。

このように選ぶ業社によって住宅が高値で売れる売れないの違いが決定してしまうので、不動産仲介業社は慎重に選ぶ事が重要になります。

【3】部屋の見た目の重要性

最近では中古住宅については住宅の買い主がリフォームを自分で行うという事も多くなっています。こうなると家を売却する前にリフォームをしてしまうのは良い判断とは言えなくなります。

ですが、部屋やお風呂やトイレが汚いというのは住宅の購入希望者にとって、かなりのマイナスイメージになりかねません。

住宅の内覧見学の際にマイナスイメージを抱かれないように、部屋やお風呂やトイレが綺麗に見えるような工夫をしておく事は重要です。

掃除で綺麗になる場合はそれで良いですが、掃除でも綺麗にならない箇所についてはクリーニング業社に依頼して綺麗にする等の気遣いも時には必要になってきます。

【4】庭の手入れをする

一戸建ての不動産物件の場合には、庭がついている場合もあると思います。内覧見学の際に庭に雑草がボウボウに生えていては「空き家か」と見学者にあきれられても仕方がありません。

庭がある場合には雑草の最低限雑草の手入れぐらいは済ませておくように気をつけましょう。


PAGE TOP