住宅売却|仲介業社選びに失敗すると何百万円も損をする

悪質な不動産仲介業社には注意が必要

◎悪質な業社に依頼してしまったAさんの場合

地元の不動産仲介業社に査定を依頼いたら思っていたよりも家を高く売却できそうだと言う事が分かったというAさん。ですが住宅の販売を開始して1ヶ月経っても買い手どころか、物件の問い合わせや内覧希望の連絡もありません。

2ヶ月目に入った所でAさんは不動産仲介業社から「家を値下げして販売しましょう」という提案を受けました。それもいきなり300万円も値下げしての販売です。

この決断についてAさんはかなり迷いましたが、不動産仲介業社より「すこしずつ値段を下げていると余計に売れ残る可能性がある。長く不動産市場に出ていると買い手が見つからなくなる可能性が高い」と言われて渋々値下げを決断します。

結果的には当初の査定額よりも500万円も安い価格で家を売却する事になりました。家を無事売却できた事は良かったのですが、当初の査定額よりも500万円も安く家を売った事にAさんは納得できませんでした。

悪質な不動談仲介業社の見分け方

◎住宅の査定額が極端に高い

悪質な業社の場合には、極端に相場よりも高い査定額を出してくる場合があるので注意が必要です。ですが実際には高い査定額では売れないのでAさんのように何百万円も値下げしえ家を売却する事になります。

◎住宅の査定額が極端に低い

不動産会社一社に依頼した場合、極端に低い査定をしてくる業社もあります。この業社の場合も「安くても家が売れれば良い」という発想で、家の売り手は損をする結果になります。

◎仲介業者の提示した査定額で販売したのに問い合わせすらない

もしかすると両手仲介を狙っている可能性があります。両手仲介とは売り手と買い手の両方から手数料を貰う事をいいます。

通常は広く住宅の販売を告知する為に他の不動産会社にも、販売している情報を提供しますが、両手仲介を狙う業社の場合には、他社に情報提供をしなかったり、買い手が他社から現れてもその情報を握りつぶしたりします。

信頼できる仲介業社の選び方

信頼できる不動産仲介業社へ家の販売を依頼したい場合には、複数の会社に査定依頼をする事が重要です。「信頼できる業社選び」や「住宅を高値で売る方法」についてはトップページにてご紹介しています。、


PAGE TOP