住宅売却の際にリフォームは必要か?

住宅売却時のりフォームですが、あまりお金をかけない程度でできる事をする事をお勧めします。なぜならばお金をかけてリフォームをしたとしても、その分だけ家の売却額が高くなるわけではないからです。

自分自身が家の気になる箇所については、買い手側も気になる可能性は高いので、その箇所ぐらいは「お金をかけずに自分で修理をする」程度のリフォームで問題ないでしょう。

畳の汚れ

畳の汚れは気になる場合は、畳用洗剤で掃除ぐらいはしておきましょう。畳を張り替え場合には1帖で5000円以上の料金がかかるので、できるだけ自分でできる事をするぐらいで済ませたいものです。

フローリングの傷や穴

基本的には小さなキズがあるぐらいであれば、そのままにしておいても問題ありません。ただし大きなキズがあったり、湿気で板が腐りかけの場合には修理ぐらいはしておいても良いでしょう。

最近では自分でルローリングの修理ができる補修材(リペアセット)も販売されているのでそれを使って修理する事でもかまいません。

それでも不安な場合や、どうしても気になる箇所についてはリペア業社にフローリングの修理を依頼して下さい。フローリングの張り替えをするより遥かに安価な値段で修理をする事ができます。

壁紙の汚れや傷や穴

壁紙の汚れも小さな穴や傷ぐらいはほっておいて良いでしょう。ですが多きな穴や汚れは修理をしておく事をお勧めします。

修理と言っても、穴や汚れの範囲が凄く大きくない場合には自分で修理する事が可能です。具体的には壁紙と同じ素材の壁紙を用意してカッターで切り出して貼り直すだけです。

壁紙は元々、規則的な小さな模様になっているので一部分を貼り直しても目立たないようにできています。一般の人が壁紙を修理をしても貼った場所が分からないような修理が可能です。


PAGE TOP