住宅売却のチラシについて

不動産仲介業社の査定依頼チラシについて

不動産仲介業社の「査定依頼してね」というチラシには気をつけた方が良いでしょう。不動産仲介業社の査定依頼のチラシは地元の不動産仲介業社の場合がほとんどです。

そうなると査定依頼をしたが最後、その不動産仲介業社がイマイチだと思っていたとしても、その業社へ仕事を依頼しなくてはならなくなる確率が高くなってしまいます。

なぜならば、地元の不動産仲介業社なので、査定後頻繁に営業攻勢をかけてくる場合が多いからです。ここで誤解して欲しくないのですが、別に地元の不動産仲介業社が悪いと言っている訳ではないのです。

地元の不動産仲介業社の中には非常に優秀な会社がいる事は否定しません。ですが、地元の会社に限らず不動産仲介業社には必ず、当たりとハズレがあるのです。

当たりとハズレというと言い方が非常に悪くなってしまうので、違う言い方をすると人それぞれ個性があるのと同じように不動産仲介業社にも個性があるので、必ず合う業社と合わないr業社があるのです。

例えば「A社が凄く信頼できる」という人がいる反面「A社には絶対頼みたくない」と思う人だっているのです。これはもう相性の問題ですからどうしようもありません。

つまり地元かそうでないかは問題ではなく、1社にだけ査定依頼をする事が危険であると言っているのです。

住宅の売却は非常に高い売買契約となりますので、複数の不動産会社から自分自身に合った業社さんを選ぶ事が非常に重要だと覚えておきましょう。

住宅売却のチラシは効果があるのか

住宅の売却は不動産仲介業社へ依頼するとしても、自分の住宅の販売を告知する為の「住宅売却のチラシ」は果たしてどれぐらいの効果があるのでしょうか?

これに関してはチラシの配布枚数によるところが大きいでしょう。つまり不動産仲介業社へ住宅の売却を依頼するとして、チラシをどれぐらい配布するのかも確認できると安心でしょう。

ちなみにチラシの反応率というのは非常に低いので、その点は覚悟しておいた方が良いでしょう。例えば通信販売のような通販チラシで言うと3000枚で1~3件とも言われています。

住宅売却チラシが効果があるのは年配層?

チラシを配布するとなると、新聞広告に折り込んだりする場合が多いでしょう。そうなると新聞をよく読む世代への広告となってしまう傾向にあります。7

つまり若い世代に対してはチラシの反応率が低くなると予想する事ができます。それだけに最近ではインターネット広告での住宅売却の告知が重要になってきています。

不動産仲介業社へ住宅の販売を依頼する際には、インターネット広告がどれぐらい充実しているかも確認しておいた方が良いかもしれません。


PAGE TOP