市街化調整区域の住宅の売却は有利、不利?

市街化調整区域とは

市街化調整区域とは市町村などの行政が何らかの目的によって、市街化つまり都市化する事を抑制するように指定された地域の事です。

これにより新しい建物を勝手に建てる事ができない地域となっています。簡単に言うと市街化する事を抑制しなければならない地域の事を指しています。

市街化調整区域ができる理由

現代社会では経済的な発展が何においても重要視される風潮があります。にも関わらずこの「市街化調整区域」という地域や、そのような制定がある事はちょっと変に思いますよね。

ではなぜ「市街化調整区域」というものが存在するのでしょうか。それは多くの場合はその地域を農地や田園地帯として活用しようという意図が働いている事が理由に挙げられます。

現代社会では農業を営むのは色々な意味で大変になりつつあると言えます。実際に農業を営んでいる人も高齢化しており、その農家を継ぐ人が少ないという現実もあるようです。

このような状況では、国や市町村が主導となって農業を守っていかなければ、日本で農業がどんどん廃れていってしまうという事で「市街化調整区域」という制度があるようです。

市街化調整区域は高く売れる安く売れる?

市街化調整区域は、通常の地域に比べると便利に発展する可能性が低い地域と考える事ができます。なぜならば市街地に比べて発展していないので生活をする面で不便な点も見受けられるからです。

また「市街化調整区域」に指定されている事で今後もその地域が発展していく事が難しくなっているとう現実もある事でしょう。

ですが、不便であるからその地域の住宅が高く売れないという訳ではありません。例えば「市街化調整区域」というのは線引によって指定されているので「市街化調整区域」を少しでれば便利な市街地が広がっているという場合もある事でしょう。

そういう場合には「のどかな田舎ぐらしがしたいけれど、街から近い方が良い」と考えている人に好まれる物件であると言う事も言えるでしょう。そのような家の買い主を探せば売れやすい不動産物件となる可能性もあるのです。

特に販売力のある不動産仲介業社へ依頼する事が重要

やはり「市街化調整区域」というと特殊な地域であるとも言えるので、通常の物件よりは買い手が狭まってしまう可能性があります。

こういう場合に重要となるのが住宅の販売を委託する不動産仲介業社の選び方です。やはり不動産仲介業社を選ぶ上で重要になってくるのは、販売力のある不動産仲介業社です。

ではどのようにして販売力のある不動産仲介業社を探せば良いのでしょうか。それは複数の不動産販売業社の中から販売力のある不動産仲介業社を選ぶ事が重要になってきます。

具体的な不動産仲介業社の選び方については、このホームページのトップページにてご紹介しておりますので参考にしてみて下さい。


PAGE TOP