生活保護を受ける為には住宅を売却しなければいけない?

そもそも生活保護とは?

生活保護とは何かにつけて聞くことが多い部類の言葉だと思います。では生活保護とはどのような制度なのでしょうか。

生活保護とは現在の収入だけでは生活をおくっていく事ができない人に対して公的期間から支給される援助制度の事です。つまり怪我や病気、その他の何らかの理由で働く事ができない人に対しての国からの救済処置となっています。

また、生活保護を受ける為には「現在余剰財産が残されていない」または「親族に金銭的な援助を受けられない」と言った条件を満たす必要があります。ですが、このような審査については個人情報やプライバシーもありますから調査にも限界があると言われています。

また、自身の財産がある事を隠して生活保護を受給してしまうケースもあり、そういった事から、現在何かと問題の多い社会的救済制度とも呼ばれています。

生活保護を受けるには住宅を売却しなければいけない?

先ほどご紹介したように生活保護を受ける為には、一定の審査基準が設けられています。その審査基準をクリアしないと生活保護を受ける事ができません。

そういった場合に、生活保護を受ける為に「持ち家」を売ろうか、それとも売るのをやめようかと迷う人が多いのも事実のようです。つまり住宅は不動産資産となる為にその不動産資産を持った状況では生活保護が受けられないという場合もあります。

ですが持ち家を所有した状態でも生活保護を受けている場合もあるので、この点を一概に判断する事はできません。持ち家を手放す必要があるのか、そうでないかは多くの場合その家の築年数に関係しています。

例えば住宅は築年数から期間が経過すればするほど、資産価値が下がっていきます。多くの場合は家を建ててから、おおよそ30年~40年でその家の価値はほどんどなくなってしまうと言われています。

また実際にその家を売りに出したとしても、家が売れなければ資産として活用できない訳ですから、その点の兼ね合いも生活保護を受けられるかの基準になってくる事でしょう。

このような点については、生活保護の支給するしないを判断する役所にしか分からないと言えるかもしれません。つまり、まずは役所の生活保護担当の方に相談して見る事が先決かもしれません。

生活保護を受ける為の不動産売却

生活保護を受ける為には所有する不動産を処分しなければいけないという場合も多いと思います。そのような場合にまずやらなければならない事は自身の所有する住宅がどれぐらいの値段で売れるのかとう事です。

それには不動産仲介業社へ査定依頼をしなければなりません。その時に重要なのは複数の不動産会社へ査定を依頼する事です。

査定を依頼して売却益が高い場合には売却を考える必要がありますし、売却益が少なすぎる場合にはもしかすると家を売らなくても生活保護を受けられる可能性もあります。

そのような判断を正確にする為にも住宅の査定では複数の不動産会社へ査定を依頼する事が重要であると言えるでしょう。具体的な査定依頼の方法等はトップページにてご紹介しておりますので参考にしてみて下さい。


PAGE TOP