土地売却の立ち退き料はいくら掛る?

アパートや借家んど賃貸物件を所有しているオーナーの方は、建物の老朽化によって建て替えや、売却をお考えの場合もあると思います。

ですが、いざ建物の建て替えや売却を考えた時に問題になるのが、借り主の退去問題です。借り主は居住権によって賃貸物件に住む権利を有してします。

そこで必要になってくるのが賃貸物件オーナーの悩みの一つでもある「立ち退き料」です。このページでは立ち退き料金の相場?や金額などをご紹介しています。

立ち退き料はぶっちゃけいくら?

◎立ち退き料の相場について

立ち退き料に相場は無いと言われています。ですが最低でも、借り主が引越しをする為の敷金は払う必要はありそうです。

これは道義的な責任というよりは、借り主が新しい居住地へ引っ越す為には実質的に40万円~50万円が必要な為にそのお金を払う事で、金銭的な面で立ち退きしやすくなるという理由があるようです。

◎立ち退き料「ケース1」

スムーズに立ち退きをしてもらう為には、借り主に家賃の6ヶ月~10ヶ月分の立ち退き料を払うという事でスムーズに立ち退きをしてもらえたケースがあるようです。

仮に家賃が4万円の場合には24万円~40万円程になるので、結構な出費になる事は間違いありません。

しかし、これもあくまで借り主に納得してもらえたという前提になります。

◎立ち退き料「ケース2」

賃貸物件のオーナーとしては、あまり考えたくないケースですが、どうしても住宅からの退去に承諾しないというケースも多くあります。

このようなケースでは、どうしても立ち退き料金が高額になってしまいます。多い場合は100万円~数百万円にもなってしまうケースもあるので、立ち退きの交渉には十分な事前準備と誠実な対応が必要になってきます。


PAGE TOP