住宅の売却【太陽光発電はどうすれば良い】

売却に有利か不利かは太陽光発電の設置時期による

家を売却する際に気になるのが家の設備が売却に有理か不利かという点もあるかと思います。特に太陽光発電を家に設置している場合には大きな感心事でしょう。

このページでは太陽光発電付きの家を売る際に参考になる情報をご紹介しています。

太陽光発電付きの家を売る事がプラスなのか、それともマイナスなのかを冷静に判断して家を売却する事の参考にして下さい。

太陽光発電を10年以上か10年以下かが目安

太陽光発電は設置して10年で元がとれると言われています。つまり10年たっていないのに手放すとなると元がとれないという事になります。

太陽光発電を設置してから10年もたっていないから、設備をそのままにして家を売却してしまうのはもったいないと思うのは当然の事です。

ですが逆に考えると、買う側に売電収入があるというメリットがあるので、その分家を高く売る事が可能になってきます。

ですが逆に太陽光発電を設置してから10年近く経過している場合には、誰が所有するにしてもメンテナンス料金がかかる事になってしまいます。

この場合には当然の事ながら家を売却する場合には家の販売価格が安くなってしまう傾向にあります。

太陽光発電は手放す人が多いのが現実

現実的に考えるなら、太陽光発電を引越し先に移転するという人は少ないようです。なぜならば太陽光発電の移設には100万円近くの費用がかかる場合が多いからです。

100万円も掛かって新しい家に設置したとしても100万円分の売電収入で100万円の元を取ろうと思うと、それもまた大変な話になってしまいます。

そう考えると、太陽光発電を引越し先まで持って行って無駄なお金がかかるよりも、家の買い主に有効利用してもらおうという人が多いのもうなずける話かもしれません。


PAGE TOP