今更聞けない土地売却の「仲介手数料」とは?それは本当に必要なの?

土地売却の「仲介手数料」とは

土地を売却する際には、自分自身だけで土地を売却する事はできません。なぜならば、土地を売る際には土地の購入希望社を探さなければならないからです。

また、土地を売却する際には不動産売買契約をする事になりますので、売買契約に関する法律の事や専門知識が必要になってきます。その為に土地を売却する際には不動産仲介業社へ土地の売買を委託しなければならないのです。

その為には、不動産仲介業社へお金を払わなければなりません。それが土地売却の為の仲介手数料となります。

土地売却時の「仲介手数料」の金額は?

そこで気になるのが土地を売却する際の仲介手数料の値段です。不動産仲介業社へ払う仲介手数料の値段は土地の売却額に左右されます。

具体的には土地の売却額の何%という具合に売却額に対する比率で金額が決まっています。法律では下記のような金額での範囲内で仲介手数料が決まっていますので、それ以上の金額を不動産仲介業社より請求される事はありません。

売買価格(消費税を含まない) 仲介手数料(消費税を含む)
200万円以下 5.4%以内の額(5%+消費税)
200万円超 400万円以下 4.32%以内の額(4%+消費税)
400万円超 3.24%以内の額(3%+消費税)

仲介手数料は本当に必要なの?

この土地売却の際の仲介手数料ですが、人によっては「高いな~」と感じる人もいるかもしれません。それもそのはずで、土地の売却額が400万円超の場合の仲介手数料は「3%+消費税」となるので、例えば3000万円で土地が売れたとすると「90万円+(消費税)7万2千円」となります。

しかしながら、改めてよく考えると土地を売却する為には、土地を購入してくれる人を探さなければなりません。その為には土地を探している人向けに広告を出す必要があります。

一昔前ならば、広告は新聞広告やチラシなどの紙媒体を主に使用していたと思いますが、現在ではインターネットの普及でインターネット広告等を使用する必要が出てきました。

そう考えると、昔よりも今の方が広告費が余計にかかると言っても良いでしょう。また不動産仲介手数料の中には、不動産仲介業社の担当営業スタッフやその他のスタッフの人件費、交通費等も含まれています。

細かく挙げていくと切りがないと思いますが、不動産仲介手数料は広告費と人件費だけでも結構な経費がかかると言って良いでしょう。そう考えると、3000万円で土地が売れた場合の「90万円+(消費税)7万2千円」というのは当然の金額と考える事ができるでしょう。


PAGE TOP