住宅の売却|税金に気を取られていると逆に損をする査定と相場の現実

住宅を売る時に気になる事の1つが税金です。住宅の売却には何千万円ものお金が動くので、節税対策をするのとしないのとでは何十万円も差が出る事は当たり前です。

ですが、税金対策ばかり気にして「逆に住宅の売却益で何百万円も損をしたら」意味がありません。そこで、このホームページでは「住宅売却時の税金の悩み解決法」や「住宅の売却で300万円も損をしない」査定方法などをご紹介しています。

【1】住宅売却には欠かせない税金の悩みを解決する方法

住宅売却の税金対策はケースバイケースです。なぜならば「相続した家の売却」と「持ち家の売却」とでは、節税対策が違うからです。

また、住宅売却時には下記のような税金がかかりますが、その種類の多さも住宅売却を考える方を悩ませます。

・譲渡所得税
・登録免許税(登記にかかる税金)
・消費税(仲介手数料にかかる税金)
・印紙税

こうなると住宅の売却時に備えて「税金の事を知っておかなければ」と考える家のオーナーは多いと思います。

ですが、書籍で勉強をしても、毎年変わる税制に余計頭を悩ませる結果になる事もありますし、インターネットで情報を検索しても、なかなか必要な情報が見つからない事や、ホームページによって解答が全然違うという事も多いものです。

では、このような税金の悩みはどのように解決すれば良いのでしょうか。それは、不動産の専門家に聞く事が一番の解決策です。

例えば大手の不動産仲介業社では住宅の売却時に役立つ節税セミナーなどを開催しています。つまり、このような機会を有効に活用すれば良いのです。

具体的に言うと大手の不動産仲介業社に査定依頼をすれば、節税の事を気軽に相談できる環境が手に入り、税金の悩みも解決可能だと言う事です。

実はこのような際にお勧めなのが「イエウール」というサービスです。「イエウール」とは複数の不動産販売会社へ一括で査定依頼ができるサービスです。

この「イエウール」には大手の不動産販売会社が多数登録しているので「住宅売却時の税金対策で損をしたくない」という人にはお勧めのサービスです。

 

botan_juutaku
約1分でカンタン査定依頼

【2】税金に気を取られていると逆に損をする査定の現実

例えば、住宅売却で利益が出た場合には経費の申告で税金が安くなります。しかし経費の申告で節税できる金額は、せいぜい何十万円でしょう。

ところが賢い査定を行えば査定額で何百万円も違いがでてきます。そう考えると何十万の節税よりも何百万の違いが出る査定に力を入れる方が賢い事が分かります。

では具体的にどうすれば賢い査定ができるのでしょうか。それは復数の不動産仲介業社へ査定依頼をする事です。

なぜならば、複数の住宅販売業社に住宅の査定を依頼する事で「最高値の査定」をしてくれる業社を探す事ができるからです。また複数の業社に査定を依頼すると、査定額の差が300万円以上になるケースもあるのです。

つまり住宅の査定で失敗すると、住宅の売却で300万円も損をする可能性があるという事なのです。

ですが、このような複数の業社に査定を依頼するのは相当面倒な作業です。その為「査定額が高くなるのは嬉しいけれど、面倒なのは嫌だ」という方は以外と多いものです。

そういう時にも先ほどご紹介した「イエウール」というサービスがお勧めとなります。「イエウール」なら面倒な「復数の住宅販売業社への査定依頼」が約1分で完了します。

「住宅を最高値で売却する為に査定額の高い業社を探したい」という方に「イエウール」は特にお勧めのサービスです。

 

botan_juutaku
約1分でカンタン査定依頼

【3】中古住宅の相場を知る事の重要性

不動産というのは多くの人によって重要な資産です。つまり住宅を持つ人が、その住宅を売ろうと思った時に「できるだけ住宅を高く売却したい」と思うのは当たり前の事なのです。

では「自身の所持する住宅を高く売る」とはどういう事なのでしょうか?あなたは「住宅を高く売りたい」と考えた時に、その金額の規準を明確に答える事ができるでしょうか?

「できるだけ高く売りたい」というのは、多くの住宅オーナーが抱く希望です。ですが、このような状態では具体的な住宅の販売額を決める事はできません。

つまり「住宅を売却する金額の規準」が決まらなければ、実際に住宅を高く売る事はできないのです。

では具体的にあなたが自身の住宅を高く売価できたと過程しましょう。その時に「住宅が高く売却できた規準」とは何になるでしょうか?

それは「相場よりも高く売れたのか」という点につきるのではないでしょうか。

つまり「住宅を高く売却する」とは「相場よりも高い値段で売却する」という事になるのです。そして、その為には「住宅の相場」を知る事が重要になります。

では具体的に自身の持つ住宅の相場を知る為にはどうすれば良いのでしょか?最近でしたらインターネットで自身の住宅と同じような中古住宅の販売額を調べて参考にするのが一番手軽な方法です。

ですが中古住宅の査定の規準は無数に存在します。「築年数、家の状態、敷地面積、利便性、内装の状態、付帯設備など」当然の事ですが、世の中には、あなたの所持する住宅と全く同じ条件の中古住宅は存在しません。

このように、中古住宅の相場を正確に知る事は以外と面倒で難しい作業だと言えるのです。

ですが、このホームページでご紹介している「イエウール」という不動産一括査定サイトを使用すれば、あなたの住宅の相場を簡単に知る事が可能です。

不動産一括査定サイトの良い所は複数の不動産仲介業社へ査定を依頼して、その査定額を比較できる点にあります。つまり複数の査定額を比較する事で簡単に自身の持つ住宅の相場を知る事ができるのです。

 

botan_juutaku
約1分でカンタン査定依頼

【4】中古住宅の相場と売却のタイミング

現代日本では少子化問題が話題になる事も多いですが、実際に日本の人口は2015年から減少し始めています。現在のような状況が続くと徐々に日本の人口が減ってしまう事は多くの人が知る事実となっています。

この日本の人口が減る事で起こる問題の1つに「住宅が余る」事が指摘されています。実際に日本国内で住宅が余るとどのような問題が起こるのでしょうか?

実際に起きつつある問題として「住宅の価格が下がる」事が挙げられます。皆さんもご存知の通り、経済活動の原則は「需要と供給」です。需要が多い商品は値段が高くなりますが、需要よりも供給が上回ると商品の値段は下がってしまいます。当然の事ですがこれは住宅という商品にも当てはまります。

現状では今後、日本国内で人口の増加が期待できるのは東京だけとも言われています。つまり東京以外の道府県は将来的に住宅が余る現象が起きてきます。

また東京エリアに関しても東京オリンピック後は徐々に人口が減ると予想されています。つまり東京オリンピック開催後には東京エリアや関東地区でも住宅の価値の下落が予想されるのです。

確かに今すぐに住宅の価値が下がるという話ではありません。ですが長い目で見た時に日本の住宅の値段が下がっていく事は確実です。

またこれは過疎化の地域や田舎から多く現れる現象です。実際にこの問題を「空き家問題」としてニュースなどで聞く事も珍しくはありません。

つまり「今現在、住宅の売却を考えている方は東京オリンピックまでに住宅を売却する」という選択肢を持っておく事が重要な時代になりつつあると言えるかもしれません。

 

botan_juutaku
約1分でカンタン査定依頼

【5】住宅の「査定額」と「販売額」が違う事を知らないと損をする?

自分の所持する住宅を高く査定してくれる不動産仲介業社があれば、住宅のオーナーは嬉しいものです。ですが住宅は不動産仲介業社の出した査定金額で売れるわけではありません。

仮に不動産仲介業社を介して住宅を売りに出したといましょう。ですが、もし住宅が売れ残ってしまったら当然の事ですが、価格を下げて住宅を販売しなければなりません。

つまり、最終的に住宅が売れる価格と、査定額は同じではないのです。ですが住宅を売却する側からしてみると査定額と販売額が違うというのは非常に困った事実です。

では住宅の査定金額と販売金額の差を埋める為にはどうすれば良いのでしょうか?それは、不動産仲介業社へ査定金額の根拠を説明してもらう事が重要です。

実は「住宅の査定金額と販売額に差がない不動産仲介業社」は、査定金額の根拠と、同じような条件の住宅が実際に幾らで売れたのかというデータを持っているものなのです。

繰り返しになりますが、不動産仲介業社へ査定を依頼した際には、査定金額の根拠を説明をしてもらう事が重要です。そして自分自身がその説明に納得できなければ、その不動産仲介業社に住宅の売却を依頼しない方が良いのです。

しかしながら「住宅の査定金額と販売額に差がない不動産仲介業社」を探すのは簡単な事ではありません。

その為にも、このホームページでご紹介している「イエウール」のような住宅の査定を一括依頼できるサービスを使用する事が重要なのです。

複数の不動産仲介業社へ一括で査定依頼をする事ができれば、あとはその不動産仲介業社の中から査定金額を含めて、しっかりとした会社を選ぶだけです。

このような点から「イエウール」のような不動産一括査定のサービスは、住宅の売却を考えた際に非常に便利だと言えるのです。

 

botan_juutaku
約1分でカンタン査定依頼

【6】住宅を最高値で売却するための信頼できる業社選び

高い査定額の業社に依頼するのも重要ですが、それと同じぐらい信頼できる業社に仕事を依頼する事は重要です。では信頼できる住宅販売業社とはどういう会社なのでしょうか。

当然の事ですが人にも個性があるように住宅販売業社にも個性があります。例えば、お客様のニーズを細かく聞いてくれる業社もあれば、マニュアルに忠実に仕事を進める業社もあるものです。

これは、どちらの業社が良いというわけではありません。重要なのは自分に合った住宅販売業社を選ぶという事です。

また、もしかすると業社ではなく担当者が自分に合わないという場合も出てくるかもしれません。ですが、そんな場合でも実際に「担当者を変えて下さい」とは言いにくいものです。

このような失敗を侵さない為にも復数の住宅販売業社への査定依頼がオススメなのです。なぜかというと、査定額が提示された時のやり取りで住宅販売業社の「顧客対応」や「サービスの質」を比較できるからです。

また、サービスの質の面で見ても住宅販売業社によって「住宅が高く売れる」アドバイスや対策は様々です。

例えば「住宅の購入希望者への住宅の売り込み方法」や「住宅販売の為の内覧会での効果的な物件の見せ方」や「高く売れる為の住宅物件の紹介の仕方」などがそれに当たります。

このように自分に合った住宅販売業社を探す為には、やはり複数の業社に査定を依頼してサービス内容を比較する必要があります。

つまり業社選びで失敗したくないという人は、復数業社への一括査定依頼がオススメなのです。

 

botan_juutaku
約1分でカンタン査定依頼


PAGE TOP